MIOKU_01_main_1200x1200

影で世界を視る

本作品は、実体のない世界から”影”を通して自身以外の存在を知覚するということを体験し、無意識の中に存在する記憶を喚起させる仮想空間である。
仮想空間内では地面と、そこに何かから映し出された影しか存在しない。しかしその”影”という見えている情報から、例えば建物の形態、歩行者の性別や年齢といったような見えていない情報を想像することができる。空間内を彷徨い、それを繰り返すことによって目には見えない街が頭の中で形成されていく。その街は自身の経験に基づいた想像に他ならない。

そういったプロセスにより、自身の無意識の中に存在する記憶との対話を楽しんでほしい。この仮想空間から出ると、現実空間の影が色濃く見えるだろう。

See the world from the shadow

This work is a virtual space that evokes the memory that exists in the unconscious by experiencing the perception of existence other than itself through "shadow" from the intangible world.
In the virtual space, there is only the ground and the shadow projected from something on it. However, from the visible information of the "shadow", we can imagine invisible information such as the shape of the building, the gender and age of the pedestrian. By wandering around in the space and repeating it, an invisible city is formed in my head. The city is nothing more than an imagination based on my own experience.

Through such a process, I want you to enjoy the dialogue with the memory that exists in your unconscious. When you get out of this virtual space, the shadows of the real space will look dark.

そこに何があるかわからない少しの恐怖感を煽るような世界観とした。影の変化がわかりやすいよう、1日を3分30秒にはや回しているが、登場する人間や動物や乗り物は通常のスピードで登場させ、あえて違和感を作り不気味感へと繋げた。人間は全部で8人、動物は4匹、乗り物は8台登場する。

I made it a world view that aroused a little fear of not knowing what was there. The day is rotated to 3 minutes and 30 seconds so that the change in shadows can be easily understood, but the humans, animals, and vehicles that appear are made to appear at normal speed, creating a sense of discomfort and leading to an eerie feeling. There will be a total of eight humans, four animals, and eight vehicles.

MIOKU_03_startMIOKU_02_sosogiMIOKU_04_utsuwaMIOKU_04_utsuwaMIOKU_04_utsuwaMIOKU_04_utsuwa

Other works

ToFuiEgoEris_01_1800x600
KOETABI_01_1800x600