本作品は、複数枚の透過ディスプレイを利用した、立体的なレイヤー表現が可能な映像投影デバイスである。2D 映像に物理的な奥行き方向を付加することで、視点・時間等の情報が付加され、鑑賞者はその映像に物性を見出しリアルを感じる。

This work is a video projection device capable of three-dimensional layer expression using multiple transparent displays. By adding the physical depth direction to the 2D image, it’s also attached the information such as the difference of a viewpoint and time. So you find out the sense of physical properties and the “real” in its image.

制作の背景としては、1933 年にウォルト・ディズニー・カンパニーのアブ・アイワークスが発明した“マルチプレーン・カメラ” から着想を得た事から始まった。“マルチプレーン・カメラ” とは、実際には立体ではない絵に、3 次元的な奥行を表現する映画撮影用のカメラである。我々はこの手法を応用し、映像の新しい表現を生み出す事を考えた。

We were inspired by “the multi-plane camera” invented by Walt Disney Company's Abu Iworks in 1933. It is a camera for cinematography that produces an effect that expresses three-dimensional depth in a picture not actually three-dimensional. We considered to create a noble video expression by applying this method.

【活用例】 そこにあるモノが、どのようなバックグラウンドを持ってそこに存在しているのかを“土台”として表現することができる。例えばダイヤなら原石からここに至るまで過程、日本酒なら仕込水に使われた源流の綺麗なせせらぎ、といったストーリーを、2次元を超えた表現によりそのモノの見せ方の拡張を行う。

【Example of use】 [Ziː] can express as a “base” what kind of background the object has. For example, the process from the rough stone to the process here for diamonds, and the beautiful murmur of the source stream used for brewing water for japanese sake, it expands the way of showing of objects by the noble expression beyond two dimensions.

第一号機の制作は一ヶ月という短い期間で完了した。ディスプレイ部品は市販のPCモニターを分解して使用し、投影ユニットを構築した。

In the making of the first product, we completed in a short period of one month.We disassembled general PC monitors to single component of displays and compose organized unit and so on.

Other works