本作品は、すべてが最適化された理想的な未来の裏側に潜む、自身の存在の喪失という恐怖を体感するアートである。目の前に立った人の顔を認識・撮影を行い、あたかも意思を持っているかのように振る舞うアバター(≒デジタルクローン)をコンピュータグラフィックスにより生成し、犬型オブジェクトを通じて提示する。

This is an art for experiencing the fear of the loss of one's own existence behind the ideal future. The face of the person standing in front of the eyes is recognized and photographed, and an avatar (≒ digital clone) that behaves as if it has an intention is generated by computer graphics and presented through the dog-like object.

対面すると瞬時に自分の顔がトレースされ、表示される。その表情は、何か話すわけでなく、瞬きをしたり、ゆっくり顔の向きを変えたりする。目でこちらの動きを追ったり、ただこちらの行動に反応する。
また、デジタル上のクローンは投影先が人型に限定される必要はなく、無機物や人間以外の生物も容易に適用が可能。今回の作品では人間が最も慣れ親しんだ動物として犬を選択し、「人ではない別の生物」に自分が投影されている違和感と不気味さを効果的に表現した。

When you face each other, your face is traced and displayed instantly. The expression does not speak anything, blinks, or turns the face slowly. Follow your movements with your eyes, or just respond to your actions.
In addition, the clone on the digital does not have to be limited to the humanoid projection target, and inorganic and non-human organisms can be easily applied. In this work, a dog was selected as the most familiar animal to humans, and effectively expressed the incongruity and weirdness that he / she was projected on "a different creature that is not human."

物理的な生命生物としてのクローンは世界中で研究が進められているが、ヒトのクローンが造られることは種々の問題からまだまだ遠い未来の事だろう。
一方で、AI の進化は隆盛を極めてきており、問い合わせ業務のチャットボット化や電話応答の自動化など日常生活に広く普及しはじめている。人々が思っているよりもかなり早く、電話や画面越しの相手が人間であるか、 AI であるかは判別できなくなる。加えて、VR デバイスやテクノロジー、サービスの加速度的な進展によって、我々は移動コストをはじめとする物理的な制約から解き放たれつつある。近い将来、virtual と real の境界は曖昧になり、VR 空間ではリアルアバターを身に纏い仕事にレジャーに勤しむことになる。
リアルアバターはデジタルデータの性質上、無限にコピーすることが可能だ。個人個人の性質を学習したAIを自分のリアルアバターのコピーにインストールし、ゲーム世界を構成する NPC (Non Player Character)のように、VR空間内の様々な仕事・役割を担わせていくことは想像に難くない。言うまでもなく、AI が投影されたリアルアバターのコピーとは、実世界におけるクローンと限りなく近いものであると考えられる。

Clones as physical life organisms are being studied all over the world, but the creation of human clones will be far from the future due to various problems.
On the other hand, the evolution of AI has been extremely prosperous, and it has begun to be widely used in daily life, such as the conversion of inquiry services to chatbots and the automation of telephone responses. Much faster than people think, it can not be determined whether the person who calls or transverses the person is human or AI. In addition, the accelerated development of VR devices, technologies and services is freeing us from physical constraints, including travel costs. In the near future, the boundary between virtual and real will be vague, and in VR space, I will work as a leisurely job to wear real avatars.
Real avatars can be copied indefinitely because of the nature of digital data. It is possible to install AIs, which have learned the characteristics of individuals, on copies of their real avatars, and play various tasks and roles in the VR space, like NPC (Non Player Character) that composes the game world. Not hard to imagine. Needless to say, a copy of a real avatar onto which AI is projected is considered to be as close as possible to a clone in the real world.

Other works